重力とのバランス医療「過労性構造体医学」


8方向の診断

足の痛みを抱えている人の中には、約90%以上の比率で下記のような不調を訴えています。


  • ●負傷の瞬間を特定できない亜急性捻挫や慢性痛、骨損傷
  • ●原因のはっきりしない自律神経失調状態、うつ状態、パニック状態
  • ●原因不明の慢性病、生活習慣病(成人病)

これら症状に対しては、やはり重力が影響しています。しかし負傷の瞬間を特定できない背景には、重力の中には目に見えない8通りのアンバランスが存在しているからなのです。

また、前述した「自然界5次元構造」(縦×横×高さ×時間×環境×)目に見えないアンバランスに当てはめていくと、今まで解明することができなかった、「①前」「②後」「③左」「④右」「⑤上下」「⑥衝撃」「⑦ねじれ」「⑧環境」の8通りのバランスに分類されるので、これを「8方向の診断」と呼んでいます。


実際に足の痛みがある場合は、この8通りのどのアンバランスが最大原因となっているか、またその中 のいくつかが複合しているかを判断することが重要です。



これまでの医療機関で慢性症状に対して、高い治療効果を得られなかった場合、こうした「重力とのバランス医療」の考え方が不足しており、医療や健康・予防に活用できていないという〝落ち度〟があったのです。

足の痛みBLOG
治療に関してよくある質問
Kasahara

足の痛み治療の第一人者 笠原巖の【公式サイト】

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ