施術院ご案内


足の痛み 施術の手順


1.問診・触診、治療方法・期間のご説明

患部である足の痛みの状態をお伺いします。負傷の瞬間が特定できない痛みや亜急性捻挫の場合、
その原因と、全身に及ぼす影響についてお話しさせていただきます。



2.低周波療法、温熱(冷却)療法

はじめに低周波やホットパックで患部の血行促進を図ります。全身の血行促進により自然治癒力を促進させるのと同時に、足の痛みの根本原因となっている、弱った足裏の足底反射を促します。



3.整体療法

足の痛みがある場合、足の内部の関節(リスフラン関節)が亜脱臼を起こしている場合がほとんどです。
痛みのないやさしい整体法で、足・腰・背中など全身のゆがんだバランスを整復します。



4.足裏バランステーピング法、患部のサラシ無重力療法

血行促進・バランス改善の後は『足裏バランステーピング』を施し、足裏バランスの異常を整え足の痛みの根本原因を改善させます。
また、患部のサラシ無重力療法により『安静度>負担度』の環境条件を整え、痛みを軽減させます。




5.セルフケアの指導

最後に、患者様ご自身がカンタンにできるセルフケアの方法や、必要な期間をご指導させていただきます。
これにより、何度も来院する必要がなくなり、患者様ご自身が「足裏バランスと、足の痛みの関係」を深く理解することができるようになります。


足の痛みBLOG
治療に関してよくある質問
Kasahara

足の痛み治療の第一人者 笠原巖の【公式サイト】

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ