モートン


治し方コラム


【コラム】カサハラ式足裏バランステーピング

 カサハラ式テーピング法は『足裏のバランスを整える健康法』で、外反母趾・指上げ足(浮き指)・扁平足をはじめ、その他の足の変形や痛み全般にわたり著しい効果があります。テープは薄く違和感も少なく、変形も軽いものからひどい外反母趾にもフィットし、今まで通りの靴を履いたまま治療やお出かけできます。最大のメリットは、『自分の努力で治すことができる』ということです。
 このテーピング法は外反母趾や指上げ足(浮き指)が原因となるモートン病を治す最も効果的な治療法であり、多くの臨床例から見ても『保存的セカンド療法の確立』と言えることができると思います。上手に貼れるようになるまで根気よく繰り返してください。通常、4~5回の練習で貼れるようになります。テープは3~4日貼ったら1日休む、を繰り返してください。テープを休む日を長くする場合は、後で説明する”包帯とテーピング靴下の併用法”を行ってください。



【外出時】


【室内用】

靴下とつつ型Wサポーターの併用


【コラム】人工筋肉素材の免震インソールで足裏を守る


 クッション性のよいスニーカーを常に履くようにしてください。スニーカーの中にさらに人工筋肉素材の『免震インソール』を入れることで、歩行時に指の付け根に伝わる『過剰な衝撃波』と左右からの圧迫となる『過剰なねじれ波』を吸収・無害化することができます。
 特に足へバーデン(カサハラ外反結節)が関係しているモートン病の場合は、軟骨がもろく、変形や骨棘を起こしやすいという特徴があるので、足の第4指の付け根に繰り返されるストレスを軽減することが必要です。悪化させると、疲労骨折や脱臼もともなう損傷へと進行するので、早めの対応が必要です。
 当然、痛む時期はジョギングやウォーキングなどを避けなければなりません。どうしてもヒールやパンプスを履かなければならない場合は、免震機能が内蔵してある”免震パンプス”(商品名:モデルンバ)で足裏を守ることが必要です。

免震インソール

免震インソール
かかとの柔らかさに近づけた「人工筋肉素材ソルボ」の優れたクッション性。 外反母趾・浮き指・扁平足など不安定な足裏から伝わる、過剰な衝撃とねじれを吸収無害化し、足・ひざ・腰・首を守ります。 痛みのある方や足裏にタコがある方、ウォーキングなどよく歩かれる方などにおすすめです。

モデルンバ(免震パンプス)

モデルンバ(免震パンプス)
お仕事でヒール・パンプスを欠かせない方への応援パンプス「ストラップ付き6cmヒール」! パンプスの安全靴として、これまでにない究極のクッション性をパンプスにも実現。テーピングの原理を靴に応用した特許構造。 足先の窮屈さを簡単に自分で微調整できる「調整用アジャスター付き」。脱着可能なため、朝と夕方の足のむくみ時の調整にも便利。 オシャレなエナメルタイプ。女性の足と体を守ります!
足の痛みBLOG
治療に関してよくある質問
Kasahara

足の痛み治療の第一人者 笠原巖の【公式サイト】

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ