足の痛みQ&A


足の痛みQ&A

Q.曲がった外反母趾は元の形に戻るのですか?
A. 指の形状については、変形初期の場合ならかなりの改善は期待できますが、変形中期から後期では、平均して30%位までしか改善しません。
しかし『足の痛み』はほぼ100%治ります。ただ、30%回復すると指に力が入ってくるようになり、親指としての機能が回復するのです。実はこのことが形を戻すこと以上にずっと大事なのです。
Q.痛くてしょうがないのですが、手術はすべきでしょうか?
A. 当サイトで紹介している改善法はすべて保存的療法です。
どんな足の痛み・トラブルに対しても、まずはこの保存的療法を試す価値があると思います。この保存的療法を適切な期間、試したうえでそれでも改善が見込まれないい場合は手術という選択肢を考えることも必要かと思われます。

しかし、美容上のマイナス面に耐えられない場合やはっきりとした改善が見込まれる場合のみ勧めることもまれにあります。ただし、痛みがある=炎症を起こしている時期なので、この炎症を足裏バランステープで止めることが先決です。たとえ手術するにしても、痛みや炎症が止まってからおこなうことです。しかし、バランステープによって痛みが取れると、ほとんどの方が手術する気がなくなってしまいます。
Q.歩く時に何に気を付ければよいですか?
A. 指先・付け根・かかとの3点を使って歩くことが理想ですが、正しい歩行は意識だけでは変えることができません。
まず、テーピングやテーピング靴下で足裏バランスを整えることによって自然と足指を踏ん張って歩けるようになるので、このように足裏の環境を整えてあげることからスタートです。
Q.自分は『へバーデン』に当てはまる気がするのですが・・
A. これらの特徴のひとつは、親指を正常な位置に戻そうとすると跳ね返るような弾発性の抵抗があり、変形した状態で固まってしまっています。足裏バランスが崩れるために足の痛みにおいても著しい痛みを生じます。そして足以外にもひざ・腰・首に必ずひどい慢性痛があり、更にめまいや頭痛などの自律神経失調症状をもっています。
へバーデンによる足の変形や痛みは進行性であり、早めに進行を止めることが必要不可欠になってきますので、本サイトを参考に足裏バランスを整えましょう。
Q.テーピングは難しいのでそれに代わるサポーターはありませんか
A. はい、あります。新型の内反・外反Wサポーターでしたら、『痛みのある場合のテーピング法』が組み込まれていますので代用品としてお使いいただけると思います。
ただし、厚みがあるので外出用には不向きであり、室内専用として裸足の時に装着して下さい。
外出される際は「3本指テーピング靴下」のみを使うと良いでしょう。
Q.テーピングをはずすとまた痛くなってしまうのですが・・
A. テーピングをしている時は正しい足裏バランスなので、痛みもなくとても快適に感じることでしょう。しかし、はずしてしまうと長年癖のついた悪い歩き方・悪いバランスに戻ってしまうので、痛みが戻ってしまいます。正しい足裏バランスを癖付けるために、痛みが取れてからであってもしばらくは続けましょう。
日常では「3本指テーピング靴下」を使うのがおススメです。
Q.自律神経失調症と言われました…足にも長年痛みがありますが、何か関係ありますか?
A. 足裏バランスが崩れると、足の痛みだけにとどまらず、その不安定を身体の上部のどこかが補うことによって人間は本能的にバランスを取ろうとします。
昔『アンバランス』『ジェンガ』というゲームが流行りました。下の積み木を抜いててっぺんに積み上げていくものですが、左のものを抜いたら右のてっぺんにおいて常にバランスが均等にかかるようにしたと思います。
人間の体も同じです。特に筋力の弱い女性は、足裏バランスの狂いをてっぺんである首で補います。その結果、歪んだ首に地面からの衝撃が繰り返し伝わり首の骨を変形させてしまいます。ここには私たちの身体の様々な部分をコントロールする自律神経が通っています。この変形した首の骨が自律神経を圧迫・刺激して誤作動させてしまうのです。その結果が自律神経失調症であり、その中のひとつに『うつ』があるのです。
Q.笠原先生に一度見て頂きたいのですが
A. 当サイトの『施術院ご案内』という箇所をご参照ください。
カサハラフットケア整体院では笠原巖先生や、カサハラ理論を熟知した専門家が施術にあたっています。
施術内容は院長以外でも全て統一されておりますので、安心して施術を受けることが出来ます。お気軽にお問合せ下さい。
Q.外反母趾だけど、おしゃれは忘れたくありません
A. 足に痛みや変形など様々なトラブルがあると、先の広いペタンコのカジュアルな靴を履いてらっしゃることが多いようです。そのため『スカートを履きたくても履けない』『服を選んでしまう』『もうおしゃれな靴は諦めました』などという悩みが後を絶ちません。
そんな夢を叶えるべく、カサハラフットケアでは様々な靴をご提案しているのです。免震ウォーキングシューズをはじめ目線アップシューズ、パンプス(モデルンバ)などTPOに合わせてお使いいただける靴を研究・開発しているのです。もちろん、いずれも免震機能や足裏バランスを整えるメカニズムについては申し分ない構造になっています。どんな時にもおしゃれはしたいものですよね。
Q.テーピングの指導を受けたいのですが・・
A. テーピングの貼り方や、自分で出来る改善法を学びたい方は、本院で定期開催している「あしけん講座」に参加されることをオススメします。
詳細な位置やテープを引っ張る力加減などのポイントをお教えしているので、2~3回ほど参加すれば初めての方でも巻けるようになります。

また、プロ・専門家向けには隔月で、カサハラフットケア整体にてポディストスクールを開催しております。
テーピングから実際の整体施術まで指導しており、全国から柔道整復師、鍼灸師、整体師、エステ/美容関係、靴屋さん、スポーツ指導者、教育関係者など幅広いジャンルの方々がいらっしゃいます。
詳しくはこちら。
フットケアポディストスクール公式サイト
足の痛みBLOG
治療に関してよくある質問
Kasahara

足の痛み治療の第一人者 笠原巖の【公式サイト】

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ