足の痛みの改善法・足の痛みQ&A


簡単!
包帯とテーピング靴下の併用法


「足が痛いがテーピングは難しくて出来ない」
「3本指テーピング靴下だけでは不安、痛い」
「子どもの足をケアしてあげたいがテーピングは続かない」
「スポーツの時などに足裏バランスをしっかり補強したい」
これらの場合に自分でしっかり足裏のバランスやアーチを整えられる方法をご紹介します。

足の甲全体に「伸びない綿包帯」を巻き、上から3本指テーピング靴下を履くだけのシンプルな方法です。
シンプルながら、足の中足関節とリスフラン関節をしっかりと固定保持するので、「痛みの有る場合のテーピング法」に近い効果が得られます。


『包帯とテーピング靴下を併用』手順


1.包帯を巻く

(1) 甲に5裂幅の伸びない綿包帯を5~6周引っ張らずに軽く巻きつける。
このとき親指の付け根と第5中足骨基部を覆うように巻く。
医療用紙テープで止める。

(2) 包帯の甲面に三日月型の切れ込みを入れて力を逃がす。

(2) 足裏の指の付け根に三日月型の切れ込みを入れて力を逃がす。


2.包帯をテープで留める

(1) 包帯がずれないように、専用テーピングテープで「基本アーチタイプ」(前項のテーピング型紙を参照)を用いて、指先側をクロスさせて留める。
テープは決して強く引っ張らず、軽く巻き付けるだけにする。

(2) 2枚目で足首寄りの包帯を覆うように、テープを甲側から足首に巻き付ける。
テープは決して強く引っ張らず軽く巻き付けるだけにする。


3.専用テーピング靴下を履く

(1) 簡単包帯テーピングをした上から、専用テーピング靴下を履いて完成。


これらの内容は医師の治療を受ける機会を奪うものではありません。医師の判断を優先され、あくまでセカンド療法の参考として下さい。
様々な足のトラブルに対し、亜急性捻挫・挫傷・骨折・脱臼・打撲・未病と判断した場合のみ施術を行っています。

足の痛みBLOG
治療に関してよくある質問
Kasahara

足の痛み治療の第一人者 笠原巖の【公式サイト】

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ