足の痛みの改善法・足の痛みQ&A


カサハラ式グーパーリハビリ運動


グーパーリハビリ運動は足指の屈曲運動可動域、つまり踏ん張って歩くために必要な機能を取り戻すことが目的となります。体を安定させて歩行をする際に、最も重要な親指を中心に行います。
毎日片足5分ずつ、翌日に痛みが残らない程度に行いましょう。


1.手の人差し指を伸ばし、親指と残りの3本で足の親指を握る

2.反対の手で足首が動かないように甲をしっかり押さえる。

3.足指を握る方の手の親指を、足の親指付け根に当てる。

4.テコの原理で内側に曲げるグーの運動。

5.親指を左右に回す、パーの運動。
※反対の手はしっかり足首を押さえる。

6.テーピング靴下を履いて行うのも効果的です。

※悪い例
親指の付け根を握らずに、指だけを回しても効果が出ないので注意!



これらの内容は医師の治療を受ける機会を奪うものではありません。医師の判断を優先され、あくまでセカンド療法の参考として下さい。
様々な足のトラブルに対し、亜急性捻挫・挫傷・骨折・脱臼・打撲・未病と判断した場合のみ施術を行っています。

足の痛みBLOG
治療に関してよくある質問
Kasahara

足の痛み治療の第一人者 笠原巖の【公式サイト】

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ