足の痛み最新情報


【足の痛み④】足ヘバーデン(カサハラ外反結節)

【重要!】国民病・足ヘバーデン
発見!重要・国民病・足ヘバーデン

通常の外反母趾と足ヘバーデンによる外反母趾は全く別の症状なので、治療法も異なる。
これを区別していないから治せず悪化させているのが現状。
ヘバーデン結節とは…一般的には手の爪のすぐ下「第一関節」に変形が起こり、骨が太くなったり、曲がったりする症状です。しかし実際には足に起こる場合や、手と足に同時に起こる場合もあります。
「足ヘバーデン」は30代位からの女性に見られ、40~60歳の女性では30人に1人位の割合で見られます。
そして中高年のひどい外反母趾の実に半数以上でこの「足ヘバーデン」が見られます。

発見!足にも起こるヘバーデンを通常、『足ヘバーデン』または『カサハラ外反結節』と名付けている。足ヘバーデンは発症して1年の間に急速に変形が進むため、初期治療が何よりも重要だが、ほとんどが見逃されている!
ヘバーデン図01 ヘバーデン図02 ヘバーデン図03

■ 足ヘバーデンの特徴

足へバーデンの特徴
足の痛みBLOG
治療に関してよくある質問
Kasahara

足の痛み治療の第一人者 笠原巖の【公式サイト】

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ