足の痛み最新情報


どんな足の痛みにも対応できる!カサハラ式治療法

①【共通】自分でテーピングするか、またはテーピングの機能が編み込んである3本指テーピング靴下を使用

自分でテーピング
テーピング&テーピング靴下

②【変形初期】初期の痛みを自分で簡単に治す場合は包帯と、テーピング靴下の併用で専門家の治療の70%程度の効果を期待できる

変形初期の症例
包帯&テーピング靴下

③【変形中期】変形た進行する前に、簡単に自分で治す場合はテーピング靴下と、指間パッド付きWサポーターを併用

変形中期の症例
テーピング靴下&サポーター

④【変形後期】ひどい変形や、ひどい痛みの有る場合はテーピング靴下と筒型Wサポーターを併用

変形後期の症例
テーピング靴下&サポーター

⑤変形や痛みがひどく、専門家の治療を受ける場合

変形や痛みがひどい症例

利点

①固定しても普通に歩ける
②筋力は落ちない
③自分でも出来るようになる


「重要」治療の3原則
バランス改善(安定機能の回復)

①バランス改善(安定機能の回復)
足裏から骨盤、背中まで全身の整体を行い、歪んだ骨格を整えます。
最後にカサハラ式足裏バランステーピング法で、体の土台となる足裏バランスを整えることで、正しい骨格・姿勢を維持できるようにします。



血行改善(免震機能の回復)血行改善(免震機能の回復)

②血行改善(免震機能の回復)
足裏から全身にかけて固くなった筋肉をしっかりとほぐします。
足と心臓を同じ高さに保つことで、一気に全身の血流改善を図ることが可能になります。特に足裏の血行が促進されることで脚にとって最大の役割である「免震機能」が回復するので、関節の変形や老化を防ぐことができるのです。



サラシ、サポーター、環境条件改善

③環境条件改善(運度機能の回復)
外面からの環境条件としては、サラシやサポーターなどで整えます。
それを行った上で、内面からの環境条件として食事療法や癒し系・リラクゼーション療法を行うと良いでしょう。
環境条件を整えることで運動能力が回復するので「正しい歩行」が促されるので、歩行機能や柔軟性・基礎代謝・内臓機能の向上などが期待できるのです。

★固定学の重要性
本来人間は自ら損傷を治す力「自己治癒力」「自然治癒力」を持っています。
この自己治癒力・自然治癒力を最大限に発揮させる条件が「固定」や「サポート」なのです。
例えば事故で骨折した部分(=新鮮な損傷)は、固定を施せば湿布や電気、薬、サプリメントなどを与えなくても100%治ります。固定を施すことで「過剰仮骨の吸収」と「付加骨の添加」という自己治癒力が最大限に発揮されるためです。
「ケガや事故による骨折(新鮮な損傷)」と
「原因がはっきりしない骨の変形・損傷(過労性の損傷)」
はどちらも細胞損傷の事実と程度(キズの深さ)は同等であり、改善のためには自己治癒力の90%を「固定」で導く必要があるのです。
つまりどんな足の痛みにとっても、改善のためには固定を施さなければいずれは何度も繰り返してしまうということなのです。
人間は重力とのバランスを効率的に保つことで健康や美しさを維持しているので、重力とのアンバランスが原因で引き起こされた体の痛みや不調を、歳のせい・老化・動き過ぎ・スポーツのやり過ぎ・太り過ぎというのはあまりにも無責任なのです。
過労性構造体医学サイト ※固定学について詳しくは『過労性構造体医学サイト』をご覧ください。
http://www.ashiuratengoku.co.jp/000site/kasaharariron/

これらの内容は医師の治療を受ける機会を奪うものではありません。医師の判断を優先され、あくまでセカンド療法の参考として下さい。
様々な足のトラブルに対し、亜急性捻挫・挫傷・骨折・脱臼・打撲・未病と判断した場合のみ施術を行っています。

他にも足の痛みは様々な症状があります
足の痛みBLOG
治療に関してよくある質問
Kasahara

足の痛み治療の第一人者 笠原巖の【公式サイト】

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ