足の痛み最新情報


第3の医学=重力とのバランス医療「過労性構造体医学」とは?

これからの現代医学には重力とのバランス医療(過労性構造体医学)が必要だ。なぜなら現在中心となっている医学は、原因がはっきりしている痛みや不調、病気のみにしか対応できないからだ。これに対し、重力とのバランス医療は原因不明で起こる痛みや不調、病気を解明する医学だ。
これをまとめて第3の医学と呼んでいる。実に全患者の約80%はこの原因不明、負傷の瞬間を特定できない痛みや不調、病気である。
これを解明したのが重力とのバランス医療であり、現代医学に必要不可欠となってきた。 その理由は、人間は重力とのバランスを効率的に保つことを最優先しているからで、宇宙飛行士の言葉がその裏付けとなっている。
その重力とのバランスを一番多くコントロールしている所が足裏なのである。

「重力とのバランス」とは何か?

①構造学的バランス(縦×横×高さのバランス)

縦×横×高さのバランスとは人間の土台となる足に比例している。 したがって治療は足裏から患部や全身を重力とのバランスで整え、歪みやズレを治すというバランス機能が必要である。

②過労学的バランス(時間×におけるバランスのことである)

時間×におけるバランスとは踵からの過剰な衝撃波とねじれ波という介達外力のことである。  これは時間経過と共にその破壊力が増していく。 したがって治療は患部に伝わる「過剰な衝撃やねじれ」を足裏から吸収無害化し重力に対する「免震機能」が必要である

③環境学的バランス(患部や全身に対し、環境条件を整えるバランスのことである)

環境×を整えるバランスとは、患部の環境を整える為、重力の負担度(破壊力)より安静度(治癒力)が上回る安静や固定をするということである。 したがって患部を安静固定することにより、環境条件を整え、自然治癒力(自己治癒力)を最大限に発揮させることである。

足の痛みBLOG
治療に関してよくある質問
Kasahara

足の痛み治療の第一人者 笠原巖の【公式サイト】

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ