足の痛み全般


指の背と指間のタコと痛み

笠原先生による解説


【症状】指の背と指間のタコと痛み

指と指の間にできるタコで、特に4指と5指(小指)の間にタコができる人が増えています。 ほとんどの人が外反母趾や内反小趾で、歩くたびに痛みを感じる。特に小指側のタコは靴に圧迫され、激痛になりやすい。 足指が縮こまっているため、靴にすれて指の背にタコができている人も多い。


【原因】指の背と指間のタコと痛み


外反母趾や内反小趾があると、親指・小指の両側からの圧迫で、爪が隣の指に当たり、その部分の皮膚が防御反応を起こし角質層が厚くなりタコになります。


【改善策】指の背と指間のタコと痛み

施術で治す場合


タコを削ってから、「痛みのある場合のテーピング法」や、テーピングに代わる3本指テーピング靴下で足裏のバランスを整えて、爪が他の指に当たらなくさせることが必要です。尚、タコは削っても皮膚が防御反応を記憶しているので、最初は3週間ぐらいでまた同じようなタコが出てきますが、足裏のバランスを整えることを続けると6ヶ月ほどで再発しなくなります。タコは再発させないことがポイントです。




自分で治す場合

自分で治す!
指の背と指間のタコと痛み
改善セット

自分でできる『足の痛み治療』は、足裏のバランスを整えることがポイント

自宅でカンタンに!
足裏のバランスを整え、さらに両側Wサポート!

IKB-0015 外反内反くつ下 ※両足入り
AKC-002 外反内反Wサポーター(筒型)※片足
通常6,572円(税別)→ セット限定割引価格5,900円(税別)
10%もオトク!
  • 【特徴】
  • ● 簡単に、今すぐ自分でケアしたい方におすすめ。
  • ● 自宅や外出先では足裏のバランスを整える「3本指テーピング靴下」を履きましょう。
  • ● また、自宅では「テーピング靴下」の上から「筒型サポーター」を装着するのがおすすめ!

ご購入はこちら

さらに… 仕事や外出時に!!
地面からの過剰な衝撃とねじれを吸収無害化

AKG-001 免震インソール※両足入り
価格3,800円(税別)
  • 【特徴】
  • ● さらに、クッション性抜群の「免震インソール」で衝撃とねじれを吸収無害化することも重要ポイント!
    サイズ調整できるのでどんな靴にもフィットします!

ご購入はこちら


自分でできない場合は、室内用として、専用外反母趾サポーターで代用することも可能です。

外反内反ダブルサポーター

外反内反ダブルサポーター
『自宅で集中ケア!』 室内では、「外反内反Wサポーター+外反内反くつ下」の併用で強力にサポート。外反母趾・内反小指のトラブルに。 指先がつつ型なのでどんな足の形にも合わせやすく、強力なアーチサポーターで足裏をしっかりサポート。 更に、かかとベルト付でズレ防止。3本指テーピング靴下との併用でさらに固定力アップ!

外反内反Wサポーター(指間パッドタイプ)

外反内反Wサポーター(指間パッドタイプ)
自宅で外反母趾・内反小趾を改善!
3本指テーピング靴下との併用で協力にサポート。
弛んでしまった中足関節をしっかりサポートしながら指間パッドで歪みを改善します。
主に指が重なっていない「外反母趾初期~中期」の方向けです。
※テーピング靴下は別売りです。

外出用としては、緩んだ中足関節の弱めの補強をするために、伸びない包帯を甲部分に軽く巻いてテーピングテープで留め、その上からテーピングの代わりとなるテーピング靴下を併用する方法がお勧めです。


詳しい巻き方は、こちらから。

外反内反くつ下(3本指テーピングタイプ)

外反内反くつ下(3本指テーピングタイプ)
脱ぎ履きしやすい足首丈で、初めての方にもおすすめです。 3本指と甲部分に編み込まれた2本のテーピング機能で、外反母趾・浮き指・扁平足など不安定な足裏のバランスを整えます。 すね・ふくらはぎを引き締めるには、まず土台となる足裏のバランスを整えることが大切です。

靴の中には人工筋肉素材の「免震インソール」を入れることで、歩行時に地面から伝わる「過剰な衝撃波とねじれ波」を防くので、足の痛み予防につながります。

免震インソール

免震インソール
かかとの柔らかさに近づけた「人工筋肉素材ソルボ」の優れたクッション性。 外反母趾・浮き指・扁平足など不安定な足裏から伝わる、過剰な衝撃とねじれを吸収無害化し、足・ひざ・腰・首を守ります。 痛みのある方や足裏にタコがある方、ウォーキングなどよく歩かれる方などにおすすめです。

また、自宅では足指の可動域を広げるグーパーリハビリ運動を行います。毎日片足5分ずつ、翌日に痛みが残らない程度に行います。タコがある場合は削った後に行いましょう。


  • ・これらの内容は医師の治療を受ける機会を奪うものではありません。医師の判断を優先され、あくまでセカンド療法の参考として下さい
  • ・様々な足のトラブルに対し、亜急性捻挫・挫傷・骨折・脱臼・打撲・未病と判断した場合のみ施術を行っています。
足の痛みBLOG
治療に関してよくある質問
Kasahara

足の痛み治療の第一人者 笠原巖の【公式サイト】

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ